冬のタカノハダイ

投稿者: | 2019年1月26日
Pocket

近所の産直に行ったら美味そうなタカノハダイが売っていました。

先日YoutubeのナスDの動画でタカノハダイを銛でついて捕獲したのを食べていたのを思い出しつつ美味そうだったので即買い。
ナスDの動画の中だと築地の魚屋が値がつかないと言っていたけど美味しい魚です。
売れるかどうかだけじゃなくて美味いかどうかもちゃんとみる魚屋が増えれば庶民にもありがたいんですけどね。
ちなみに動画内で毒があると言っていましたが棘があるだけで毒はありません。

せっかく鮮度抜群なので刺身メインです。
タカノハダイだけじゃないんですが、結構体高がある魚ってエンガワがあるんですよね。
タカノハダイにもしっかりついていますのでここは大事に取っておきます。

あらの部分もだしにするかあら炊きにするか決めてませんが美味しいのでとっておきます。

刺身はこんな感じ。
白身ですが鮮度抜群なのですごくコリコリしています。
子どもたちもたくさん食べていたので間違いなく美味しかったと思います。

これはエンガワ。
回転寿司てヒラメと書かれていないどっかの魚のエンガワと比べたら天と地の差があるくらい美味しいエンガワでした。

写真撮り忘れましたがあらの部分はあら炊きで食べました。
皮はすごくプリプリしているのであら炊きにして食べました。
一般的にはあまり評価は高くないように思えるのですが、内臓以外全て食べられるとても美味しい魚なので釣れたり新鮮なタカノハダイが手に入ったらぜひ堪能していただきたいです。