エソは安くて美味しいおすすめの魚です

投稿者: | 2014年10月29日
Pocket

釣り人にはエソってあまり好まれず、お店でも値段がほとんどつかないちょっとかわいそうな魚ってイメージがあります。
下の写真はこれだけいて600円です。

エソがいっぱい

しかし値段で騙されてはいけません。
食べられる状態にするまでにちょっと手間はかかりますが、新鮮なエソは鮮度の良くない魚に比べたら格段に美味しい魚なんです。
見た目も意外とかわいい感じです(笑)

エソ正面

 

正面から見ると意外とかわいらしい感じです。

エソ横顔

横から見るとつぶらな瞳と無駄に大きい口のアンバランスが意外と・・・・よく見えたり・・・するかも(笑)

 

エソのアップ

 

ちょっと口を開けてみました、歯に触れると痛いので捌くときは要注意。

エソを三枚におろして骨を抜いた後

これは3枚におろして骨を抜いた後です。
骨は多いけど抜きやすいのでそれほど大変ではありません。
むしろ骨抜きが意外と楽しかったりします。
ちなみに骨を抜くのはムニエルにしたり刺身にしたりするときだけで、練り物にするときは骨を叩いて細かくするので抜く必要はありません。

 

エソの昆布締め

 

これはエソの昆布締め、淡白な白身なので昆布締めにするのがお勧めです。

エソのさつま揚げのタネ

こちらは骨を抜かずに包丁で叩いて叩いて叩きまくったあとにすり鉢に入れてショウガやネギ、塩、砂糖、しょうゆなどを入れて混ぜたものです。
この後油で揚げればさつま揚げになるし、味噌を加えてフライパンで炒めてさんが焼き風にしても美味しいです。
今回はさつま揚げを作りましたがうますぎて写真を撮り忘れました(笑)

 

エソのムニエル

これは骨を抜いた身をムニエルにしたものです。
手前の大ききのはエソではなくスズキですが、今回はムニエルで定番のスズキよりもエソの方が美味しかったかも。

 

という感じでエソは安価で手に入りますが、少し手をかければ非常に美味しい食材になってくれます。
しかも地元の魚なので安心安全なことは保証ずみです。
そして沢山身が取れるので家族の多い家庭には財布にも優しいのでとてもおすすめの魚なのです。
家族みんなでわいわい料理して食べる機会を作れば家族団らんのひとときを過ごせること間違いなしですね。