マダラが売っていたので捌いて鍋にしてみました

投稿者: | 2014年10月21日
Pocket

近所にあるわいわいファームという産直にマタラがたまに売っていてずっと気になっていたのですが、ちょうど夕食の食材を探している時に見かけたので迷わず1匹買って帰りました。 マダラ   これ1匹で480円、白子は入っていなかったからメスかもしれませんが白子がないと人気ないんでしょうか。 しかも輸入ではなく鳥取産なので、どうしてこんなに安いのかわかりませんがいつもこれくらいの値段です。 とりあえず3枚におろして肝と胃袋は残しました。 胃袋はレシピを調べてみると片栗粉を付けてフライパンで炒めると美味しいとあったので、それを作るために開いてみました。 タラの胃袋 少し酒に付けておき、フライパンで炒める直前に片栗粉を付けてフライパンで炒め、最後に醤油を数滴垂らせば出来上がり。 1匹の胃袋だと大した量ではありませんが味は絶品。 私が食べる前にほとんどなくなりました(笑) タラの胃袋の炒め物 肝の方は酒に漬けておき、身と一緒に鍋に投入しました。 タラの肝 これは酒に漬けているところですが、結構きれいな肝でした。 味はこれまた絶品で臭みもなく非常に美味しかったです。 身の方は鍋にしたら文句なく美味しく、いい出汁にもなり文句のつけようがありません。 こんなにいい魚があんな値段で売っているのがやはり不思議でなりません。 そしてこんないい食材を買う人があまりいないようなのでそれもまたもったいないなと思いました。 私は秋から冬の鍋の時期は見かけたら買い続ける気がします(笑) あ、タラが写っている鍋の写真を撮り忘れたので代わりに一緒にいれていた前日に作ったコノシロ団子の部分だけ一応載せておきます(笑) 鍋の中にコノシロ団子