新東区内のソフトボール大会

投稿者: | 2014年10月6日
Pocket

今住んでいる福津市津屋崎という場所はもともと津屋崎町という1つの町でした。
津屋崎町の時は一定の範囲で○○区というようにわかれていたので、今でも○○区という名称がよく使われています。
私は新東区というエリアに住んでいますが、新東区には年に1回ソフトボール大会があるんです。
区はさらに近所毎のまとまりで組という単位に分かれるのですが、その組ごとでチームを作り試合をします。
引っ越してはじめに声をかけて頂いた時から参加しています。
毎年ながら同じ町内の人たちが老若男女集まって楽しめる場があるということはとても大切な事だなと思っています。
大人たちは参加したり観戦したり、子どもたちは勝手に周りで遊んだりと近所の高校の広いグラウンドを利用しているので各人がそれぞれ楽しみを見つけてとてもいい雰囲気です。

しかし残念なことに新東区内の世帯は明らかに増えているように感じますが参加者は全然増えないなぁということがとても気になります。
田舎暮らしをするという事は掃除や町内のイベント・子供会などには極力参加することが最低条件だと思うし、そういうことを放棄する世帯が増えてくると田舎のいいところがなくてただ利便性が悪い住宅街になってしまいます。
せっかく都会にはない昔から残っている風習がある田舎がまだあるのだから、田舎暮らしを選択する人はこういうことも考慮して判断してもらいたいなと思います。

ソフトボール大会に関してはグラウンドを借りるところから事前の連絡、当日の運営、片づけとやることはいっぱいあって大変だとは思いますが、こういった行事を行ってもらえるからこそ新東区の住みやすい雰囲気が生まれていることは間違いありません。
すでに住んでいる人にはこういう素晴らしい環境を自分の子供・孫にも残せるように地域の行事には積極的に参加してもらいたいですね。